自立・自律型人材になるための メンバーシップ研修
メンバーシップ

自立・自律型人材になるための メンバーシップ研修

自立・自律型人材になるための メンバーシップ研修

研修の狙い

ビジネスパーソンにおいて、教えてもらえる対象だった新入社員から、自分で考え行動しなければいけない2〜5年目社員が大きなターニングポイントである。また、仕事の多様性が高まり、付加価値が求められる昨今において、自立・自律型の人材となることがより求められている。
本セミナーは、組織内のメンバーとして、指示待ち型の人材から、「自立・自律」した人材になるための考え方や、上司・同僚とのコミュニケーション方法・仕事のしかたを学びます。

対象者

若手社員

期間

1日間

定員

30名

標準プログラム

  • 1日目

1.今、あなたに求められているもの
(1)新入社員といまのあなたの違い
(2)3年目までの働き方が将来を決める
(3)自立・自律型人材とは?
(4)守破離が基本

2.メンバーとしての仕事の基本
(1)メンバーとしての心構え
(2)QCDを意識する  
(3)プロセス品質という考え方
(4)一瞬の迷いや保身が大きな怪我になる
(5)「全」の中の「個」を考える

3.報告・連絡・相談
(1)報連相の基本
(2)いつ・どこ・だれに話をするのか
(3)+αで仕事の場を活性化させる

4.正しく伝える力
(1)相手の立場を考える
(2)伝える手段を考える
(3)伝わる話し方の基本
(4)正確に伝えるドキュメンテーション
(5)常にPDCAを意識する

5.アクションプラン作成
(1)アクションプラン作成
(2)グループ内発表・コミットメント

6.リーダーに依存するのがメンバーではない!

※研修プログラムは、貴社が抱える課題や求める人物像に応じてカスタマイズいたします。
※他研修プログラムのトピックと合わせて1日間の研修にする等のカスタマイズも可能です。
例)ロジカルシンキング+プレゼンテーション研修 など

関連研修プログラム

  1. 顧客を怒らせない技術

    顧客を怒らせない会議術! 〜うまくまとまる商談・打合せ〜

  2. パワーハラスメント防止講座

  3. ビッグデータを学ぶ前に抑えておくべき統計学入門

  4. 交渉術・ディベート術の基本

  5. SPトランプを用いた人間関係円満術 (自己理解・他者理解)

  6. レスポンシブWebデザイン