プロジェクトを円滑に進めるためのステークホルダーマネジメント

プロジェクトを円滑に進めるためのステークホルダーマネジメント

プロジェクトを円滑に進めるためのステークホルダーマネジメント

研修の狙い

顧客内のユーザー部門とシステム部門、プライムベンダー、自社協力会社などなどITプロジェクトを推進するためには、多様な立場のステークホルダー(利害関係者)がおり、その中でそれぞれの利害をコントロールして円滑にプロジェクトを進める必要があります。本研修では、ステークホルダーマネジメントの基礎から実践テクニックまでをグループワークを通して習得します。

対象者

管理職、PM、PL、サブPL、中堅社員

期間

1日間

定員

20名

標準プログラム

  • 内容

■ステークホルダーを把握することが第一歩
■サービスサイエンスという考え方
■ステークホルダーを分析する
■利害が不一致した場合の対処法
■対立軸とは別の論点を探して解決策を探る

※研修プログラムは、貴社が抱える課題や求める人物像に応じてカスタマイズいたします。
※他研修プログラムのトピックと合わせて1日間の研修にする等のカスタマイズも可能です。
例)ロジカルシンキング+プレゼンテーション研修 など

関連研修プログラム

  1. AWS基礎

  2. プレゼンテーション

    相手に伝わる話し方・資料作成の極意

  3. 基本情報技術者試験直前対策

  4. 部下を動かす

    部下を動かす!結果を出す!プレゼンテーション・情報伝達の技術

  5. エクスペリエンス実践ワークショップ

  6. パワーハラスメント防止講座